勤怠管理を確実に行う

タイトル

勤怠管理を確実に行う

勤怠管理を確実に行う 勤怠管理を確実に行うことの重要性はもはや説明するまでもないでしょう。きちんと勤怠管理を行わないと、従業員にまともに給料を支払うこともできなくなってしまいます。その人がその月に何時間働いたのかが分からなくなってしまうわけですから、時給制で働いている人の場合は本当に全く給料計算ができなくなってしまうのは明らかでしょう。
ですが、正確な給料の支払いだけに重要であるわけでは決してありません。もしそうであれば、例えば月給制で、管理職のように残業代もないような人の場合は勤怠を管理しなくても別に問題はないということになってしまいます。ですが、そんなことはありません。仮に月給制の管理職であっても勤怠は管理する必要があります。これは休暇を把握するという意味ももちろんありますが、それ以上に健康管理のために労働時間をしっかりと把握し管理する必要があるためです。これを怠っていると例えば過労死などが起きた際に会社の管理がなされていないと見なされてしまいます。

長時間労働を防止するための勤怠管理について

長時間労働を防止するための勤怠管理について 近年非常に厳しく管理が必要なのが、長時間労働です。企業と労働組合と締結している36協定に違反すれば、法律違反となります。労働基準監督書の監査も年々厳しくなっており、サービス残業が無いかも確認されます。実は、タイムカードの記録だけでなく、メールの履歴なども調べられ、出勤の記録がなくても実際には会社で仕事をしていたのではないかと調査するのです。会社が従業員の勤怠管理を適切に行っているかも重要で、監査の対象になります。
会社側とすれば従業員の申告だけに任せて置く訳にはいきませんし、長時間労働を行っていたことを知っていた場合は会社側の管理責任も問われます。できれば、勤怠管理のシステムを導入し、リアルタイムに従業員の労働時間を把握したいものです。勤怠管理のシステムであれば、個々の残業時間に対してリアルタイムに把握でき、36協定に対してもアラームがでます。サービス残業の防止にもなるので、人事のお仕事をされている方はぜひ導入を検討しましょう。

新着情報

◎2018/10/31

勤怠管理を確実に行う
の情報を更新しました。

◎2018/8/30

作業量の見直しにも必要
の情報を更新しました。

◎2018/6/18

ICカードシステム
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

開業の前に検討したい問題
の情報を更新しました。

◎2018/2/21

タイムカードの勤怠管理
の情報を更新しました。

◎2017/11/21

サイトを公開しました

「勤怠 労働 」
に関連するツイート
Twitter

あーつかれたわ、、、 きょう 勤怠のカード用意されてなかったし打ててないからボランティア労働だね。。。 あーこんな働き方いやだ はやく資格とって ちゃんとはたらこ

おそようございます。 本日は12時間労働日です💪☺️✨ 昨日静コミのあといつメンみんなと勤怠に関して話していたら、『殿下それブラックいうんやで?』と言われて『(´ω`)!』てなった。

Twitter義殿[静コミE34:山陽新幹線]@denka6_6

返信 リツイート 45分前

勤怠が緩すぎるカイシャに来たので労働とは何かを見失いつつある

Twitterしゅんこ(tetsu)@shunkou00

返信 リツイート 2:16

労働時間管理の適正化とは? 勤怠管理システムへのニーズは、36協定遵守や過重労働抑制といった、社員一人一人の労働時間を管理、抑制するためのインフラへとシフトしています。 minagine.jp/system/working… #働き方改革 #労働時間 #勤怠管理 #HRtech

さー帰るどー。勤怠に入らない労働時間がながい。

Twitterいろは🐻5/22.23.29.30イン予定@Daffy_iroha

返信 リツイート 5/18(土) 19:42

バイト終わって勤怠切ったら出勤の人遅れるから残って→ゲロクソフード入ったから無賃金労働入りましたーー!!いただきましたよいしょー!フォーーーー!!!!! 予約の電話も社員の人がやり終わったと思ったら無賃金の俺に投げやりしてたからずっと保留中いただきましたぁぁぁ〜〜〜!!↑ふざけ💢

返信先:@junchangekijyo 間に制作会社のPが入っているならその人が制作、勤怠管理しなきゃダメだよねぇ。それが仕事だし。クライアントの言うこと聞くだけなら誰でもできるんじゃーい!(笑)どうしてもダメなときの窓口って労働基準監督署とかかな?

Twitter東海林毅@監督特集「偏愛ビジュアリスト」大入り御礼!@Tsuyoshi_Shoji

返信 リツイート 5/18(土) 15:21

当社社労士法人との顧問契約と勤怠管理システムを両方ご契約いただいているお客様を対象に、勤務実績データレポートサービスも始めています。これにより、労働時間管理をより簡単、正確に行えます。労働時間管理の適正化を行い、従業員の健康(心身共に)を守ることは、会社の”義務”と言えます。

弊社「労働時間がやばい原因は、毎日勤怠を申請しないからだ。毎日申請したら上限を超える前にフォローできるから毎日申請しろ。」 いや、そうじゃなくて。

【社会人へ注意喚起】鍵がついていないアカウントで「サービス残業」やら「サービス出勤」と解る呟きは注意してください。 検索かけて、勤怠調査する労基がいます。 場合によっては会社に乗り込んできて「労働基準法違反」等言ってきます。うちの会社が被害にあいました。いい気味だ

Twitter絶対に笑ってはいけないtweet@tweet96273360

返信 リツイート 5/18(土) 12:33