ICカードを利用したシステム

タイトル

ICカードを利用した簡単勤怠管理システム

ICカードを利用したシステム 主に社員の出勤と退勤の記録をして、残業や休暇やその承認を行ない、給与・残業の計算や有給管理や長時間勤務の防止などの勤務管理を行なう勤怠管理の方法にも様々なものがあります。
勤怠管理は正確さが非常に重要でありながら、出来るだけ簡単に低コストで行えると嬉しいものです。
そこで有効的な手段のひとつが、ICカードを利用した勤怠管理システムだと言えるでしょう。
それを導入するためにはすべてを新しくする必要があり、かなりのコストが掛かるのではないかと考えがちですが、実際には専用の読み取り機とそれに対応した管理システムだけを用意するだけです。
読み取り機はほぼどのICにも対応すると言っても過言ではありません。
近頃は社員証にICが付いているものも多いと言えます。
ですので、IC付きのものは今では誰でも1枚は持っているものなので、こうした元々持っているものが利用出来るのが大きな魅力です。
ICカードにはそれぞれ識別番号があるので、種類が違っても読み取り機がそれを認識して個人の勤怠の管理が行なえるのです。
結果コストはあまり掛からず、簡単に勤怠管理が行なえてとても便利なシステムだと言えるでしょう。

職場で勤怠管理をオンラインで行うメリットはこんなにある

職場で勤怠管理をオンラインで行うメリットはこんなにある 社会人にとって毎日決まった時間に出勤し、定められた時間は仕事をするのが重要です。
もちろん仕事を終える時間もきまっていますし、それを越えて働いた場合や休日に仕事をした場合には所定の手当が支払われます。
職場では、それを勤怠管理という形にしています。
勤怠管理は働く人間を拘束するのが目的ではありません。
もちろん規則通りに働くことを管理する側面もありますが、勤務に応じた手当、例えば残業手当を算出するためにも機能します。
また昨今では、働き過ぎや過重労働を防ぐためにも重要な意味を持ちます。
こうした勤怠管理は、従来はタイムカードを打刻したり勤務表をつけて行っていました。
しかしそのやり方では勤務時間が正確に記録されなかったり集計に手間と時間がかかるという欠点があります。
そのため最近では、オンラインを使ったシステムを導入する職場が増えています。
オンラインで勤怠管理をするメリットは、出退勤時間の正確性そして就業した時間の計算をコンピュータで早く間違いない点。
しかも省力化して行うことが可能なところです。
また休みをとったり遅刻早退といった手続きも同様に行えるため、上長や事務スタッフの手間が省けるだけでなく、働く人間の自己管理意識を育てるというメリットも得られます。

新着情報

◎2018/10/31

勤怠管理を確実に行う
の情報を更新しました。

◎2018/8/30

作業量の見直しにも必要
の情報を更新しました。

◎2018/6/18

ICカードシステム
の情報を更新しました。

◎2018/5/1

開業の前に検討したい問題
の情報を更新しました。

◎2018/2/21

タイムカードの勤怠管理
の情報を更新しました。

◎2017/11/21

サイトを公開しました

「勤怠 カード 」
に関連するツイート
Twitter

あーつかれたわ、、、 きょう 勤怠カード用意されてなかったし打ててないからボランティア労働だね。。。 あーこんな働き方いやだ はやく資格とって ちゃんとはたらこ

遅刻は回避できたとしても忘れ物してちゃ意味ないよね〜←今日名札と勤怠カードと靴忘れた奴

Twitter煌鬼@26.TFT:純那/魔蒼@来月中旬まで活動停止@H09MegaBlion

返信 リツイート 2:51

返信先:@RTcejfeTedjaGvd タイムカードないの問題すぎる… 毎日の勤怠を自分でノートに書くだけでも証拠にはなるからあれだったらやって… 体調本当きをつけて…😭

呼び出しされたからなんかやらかしたか!?ってドキドキしてたら、勤怠についてだったわ😇 自分のカード壊れてタイムカード切れなかったのよね…

Twitterサンダー☆西村@tp_band

返信 リツイート 昨日 18:12

ICカード勤怠管理の土台が出来た。 ICカード使ってみる magcat.php.xdomain.jp/brog/?p=958 @MagcatGamesから

ツイッターでよく見るこれ、タイムカードがない場合のセルフ勤怠管理に使えないかな。鍵垢で毎日出勤時と退勤時に位置情報ツイートするの。 pic.twitter.com/Z43uK7iDMS

未だに半年に1回くらい、タイムカードずっと押してなくて、勤怠表も全然つけてなくて、ヤバイ、どうしようっていう夢を見る...。

返信先:@makotsutarou うちも勤怠情報をなんらかのデータでもらえるか紙タイムカードかで料金を変えてますね〜

タイムカード集計は給与計算(給与システムでの数字確定)よりも時間取られるので原則として受託しないという事務所の方針でしたが、 給与計算=勤怠集計込み と思っている経営者も多く、最初に契約書に勤怠集計は含まないと記載した上で口頭で念を押さないと「話が違う」となります。

Twitterまこつ太郎@勤務社労士OL@makotsutarou

返信 リツイート 5/18(土) 8:22

勤怠の締め申請してねとメールが来てたんですけど、毎日職場でタイムカード的なやつをピッピしているのに勤務時間外にポチポチ自己申告するのよくわからない〜〜。ピッピしてるやつで給料支払ってほしい。その方が正確だし手間じゃないもの〜〜(ジタバタ)